人身事故の際にもめごとをできるだけ避ける対策

人身事故が発生すれば、もめごとが起こる可能性も高くなるでしょう。そこで、できる限りもめごとが起こらないように対策を練る必要があります。それは人身事故が発生したら、加害者が必ず被害者に対して深々と謝罪することです。

きちんと謝罪をすることが重要

人身事故が発生した場合、できる限りもめごとを少なくするために、きちんと謝罪をしておくことが重要です。日本人の場合には、しっかりと謝ればある程度は大目に見てくれる人もたくさんいます。ただし、その場で謝ったからと言って、それ以降全く謝らないというのはよくありません。

特にケガ人が出た場合には、きちんと見舞いに行くことも忘れないようにしましょう。このときにもいきなり見舞いに行くのではなく、連絡をして再び謝罪し、それから見舞いに行くようにしましょう。見舞いはいいと言われたら、その通りにして謝罪することが大切です。

謝罪する際にやってはいけないこと

人身事故が発生した場合、通常はまず加害者が被害者に対して謝罪をします。この際にやってはいけないことがいくつかあります。それは
・相手が感情的になっても怒らない
・その場で金銭に関する交渉はしない
・賠償金などは保険会社に任せる
・加害者が被害者に対して指示はしない
などがあります。被害者は当然感情的になっているので、怒る人も多いでしょう。しかし、自分が悪いのですから、相手に対して文句を言ってはいけません。

また、その場でいくら支払うというような話をしてはいけません。あくまで賠償金などは保険会社に任せるようにしましょう。さらには被害者に対して、加害者がこうしましょうなどと言った指示をしてはいけません。指示をしたりすると、反省していないと思われてしまう可能性があるからです。

まとめ

人身事故が発生した場合には、まず誠意を相手に示すことが重要になります。誠意を見せるかどうかで、賠償金額が変わってくることもあるからです。その際には注意点などもあるので、あらかじめ勉強しておくのもよいでしょう。

大阪の交通事故問題で弁護士に依頼する場合は、交通事故に強い弁護士が目的別で検索できるピットがおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です