ブラジリアンワックスって、そもそもどんな脱毛?あなたの気になる!を解消♪

ブラジリアンワックスとは、ワックス脱毛のことをいいます。アメリカなどでは一般的な脱毛方法で、デリケートゾーンであるVIOラインにワックスを塗って固めてワックスと一緒に毛を引き抜く、と言う方法になります。

アンダーヘアだけではなく、腕や足などにも行なうことができます。

ブラジリアンワックスは専用のサロンで行なうことが通常でしたが、近年ではセルフ処理用のワックスが販売されており、自己処理をする女性も増えてきています。

ブラジリアンワックスのメリットとしては、レーザー脱毛や光脱毛に比べてコストパフォーマンスが安く、毛根から引き抜くため仕上がりが綺麗で、毛が生えてくるまでの期間が比較的長く手入れの回数が少なくてすむ、広い面積を一気に処理することができるため短時間で処理を完了することができるなどがあげられます。

しかし、肌への負担が大きいため、出血や毛穴の炎症、埋没毛などが起こりやすい、皮膚の角質も一緒に剥がしてしまう、慣れないと処理が難しく定期的な処理が必要となるなどデメリットもあります。

ブラジリアンワックスのやり方としては、脱毛したい場所の毛の流れに沿ってスパチュラなどでワックスをしっかり塗り付けていきます。ワックスを塗った部分に小さく切った布かペーパーをしっかり押さえつけ、毛の流れとは逆の方向に肌と垂直の方向に一気に剥がしていきます。

塗っている間に硬くなってきたら、湯煎かレンジで温めていきます。毛の流れとは逆の方向剥がすことで毛が抜けていきます。

やり終わったら、冷たいタオルで皮膚を冷やし、なるべく水だけもしくはたっぷりの泡で優しく洗い、化粧水で保湿をするなどのアフターケアをきちんと行なうことが大切です。