ニードル脱毛が引き起こす身体の影響って?ホントに大丈夫?

ニードル脱毛とは、医療用の針を使い脱毛する方法で、毛を少し生やした状態で毛の流れにそって針を毛穴に刺し込み、そこに微電気を流すことによって、毛根に電気の熱でダメージを与え毛母細胞を破壊するので、非常に脱毛効果が高いことで有名です。
脱毛終了後一ヶ月経った時に毛の再生率が20%以下である状態を永久脱毛と呼びますが、しっかりと永久脱毛をしたいのならニードル脱毛が最適です。

 

非常に脱毛効果の高いニードル脱毛ですが、針を毛穴に刺す時と微電流を流す際に、激痛が生じるので我慢ができずに途中で諦めてしまう方も少なくありません。
最近では皮膚の表面に麻酔クリームを塗り、できるだけ痛みを少なくして施術が行われるようになりましたが、
最近の主流であるレーザー脱毛と比較すると、やはりかなりの痛みは覚悟しなければいけません。
しかし、レーザー脱毛と異なり、繊細なデザインで脱毛ができ、日焼けした肌の施術やホクロやシミのある部位の脱毛が可能なのでまだまだ人気があります。

 

毛穴に針を刺すことから身体に悪い影響が出るといったイメージがありますが、実際は身体に悪影響が出るケースは少なく、清潔な環境下で施術を行い、施術前と施術後にきちんとスキンケアや消毒を行えば、火傷や内出血など肌トラブルを回避することが可能です。

 

ニードル脱毛は施術を行う脱毛士の技術力によって、肌トラブルが起こったり仕上がりに大きく差が出るので、経験豊富で熟練した腕を持つ脱毛士のいるエステや脱毛サロンを選ぶことがとても重要です。

 

また、施術前や施術後には脱毛部位を冷却パッドなどを使いよく冷やしたり、消毒や保湿を十分に行うことも肌トラブルを避けるためには大切です。