脱毛、毛周期ってなに?脱毛に関すること教えます♪

現在エステサロンや美容クリニックなどで脱毛を受けている人が増えていますが、初めて脱毛に挑戦するという人が必ず知っておきたいことの一つに、毛周期というものがあります。

 

毛周期とはムダ毛の生え替わるサイクルのことであり、フラッシュ方式やレーザー方式で脱毛をする場合は必ずこの周期に合わせて施術を行うことが必要となります。
全身の体毛は一定の周期で生え替わっており、脚や腕、ワキなどに生えるムダ毛は2~3ヶ月で生え替わっています。

 

肌の表面に生えている体毛は、実は体毛全体のうちの2割ほどでしかなく、その他の8割は肌の下で休止している状態で存在しています。
2~3ヶ月が経過するごとに肌の表面の毛が抜け落ち、それまで肌の下で休止していた毛の一部が肌表面に現れて生え替わるというわけです。

 

なぜこの期間に合わせて施術を行わなければならないかというと、フラッシュ方式やレーザー方式では肌の表面に生えているムダ毛にしか脱毛効果を与えることができないからです。
フラッシュ方式やレーザー方式は、光またはレーザーをムダ毛に照射してムダ毛を除去するというものです。

 

光とレーザーはムダ毛の持つ黒い色素に対して反応し、その際に生み出される熱の力により毛根部分の細胞が破壊されて脱毛効果が発揮されます。
メラニンが存在している状態、つまり肌の表面にムダ毛が生えている状態でしか光とレーザーは作用しませんので、新しいムダ毛が生えてきたタイミングで施術を行うことが大切なのです。

 

もし毛周期を無視して施術を行ったとしても脱毛効果を得ることはできませんので、施術を受けるにあたっては必ずこの周期の重要性について知っておく必要があります。
正しい施術サイクルを守り、効率よく効果的にムダ毛を処理しましょう。

うなじの脱毛・・・後ろ姿を綺麗に見せたい!どの脱毛方法が適切?

普段はあまり見えないけれど、脱毛して綺麗にしておくとポイントの高い部位。それがうなじですよね。
仕事の時に髪をまとめている人は割と多いのではないでしょうか。
夏になると浴衣を着る機会もあります。こういった時、自分が思っている以上にうなじは見られているのです。

 

特に男性は髪をアップにした女性に色気を感じる人が多く、つい視線がいってしまうと言います。
白い首が綺麗な後ろ姿は同性でも憧れますよね。

 

しかしアップにした髪の下に黒々とした産毛が密集していたら・・・。逆にイメージダウンになってしまいます。
自信を持って髪の毛を上げる為には、後ろ姿にまで気を配りましょう。
脱毛する方法は自己処理とサロンや医療機関を利用する方法がありますが、後ろ姿は自分で見えにくいので自己処理では難しい部位と言えます。
家族や友人に手伝ってもらう、理容室で剃ってもらうといったやり方も考えましょう。
自分で行う場合は、鏡を見ながら安全な電気シェーバーを使用し、肌を傷つけないよう気をつけましょう。

 

ただ、首の皮膚は比較的薄く日焼けもしやすいデリケートな部分です。
間違った処理を続け色素沈着を起こさないためにも、出来ればサロンでの脱毛方法をお薦めします。
大体6回程度通えば目立たなくなるようですし、その回数ならば2万円以下で収まるサロンが多いようです。
全身コースの1つに選ぶのも良いですね。
カウンセリングで自分の好きな形を決めるので、どの程度まで綺麗にするのか考えておきましょう。
一般的には、Tシャツを着用した時に襟に当たる部分までを希望する人が多いようです。

 

脱毛が完了すると、自信を持ってうなじを出せるので服選びの選択肢も広がりますよ。
パーティーでも背中の広く開いたドレスを堂々と着用できますね。
夏を迎える前に、後ろ姿美人への準備を開始しませんか。

横浜で脱毛サロンを探すならこちらからどうぞ♪

ニードル脱毛と脱毛器、本当に生えてこなくなるのは?どっちがいいの?

ニードル脱毛は医療用のハリを使用して行う脱毛法で、1980年代はエステや脱毛サロンで頻繁に施術が行われました。
ムダ毛の流れに沿って毛穴にハリを刺し、微電流を流して毛根にある毛母細胞を焼き切るので二度と毛が生えてくることがなく、
非常に確実性の高い脱毛法ですが、ハリを刺す時と微電流を流す時にかなりの痛みが生じるため、
途中で脱毛を諦めてしまう方も少なくありませんでした。
近年では、毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発生させ、毛母細胞にダメージを与えるレーザー脱毛や光脱毛が主流になっており、
一度の施術で広い範囲を脱毛でき、痛みも我慢ができる範囲だといわれています。

 

家庭用の脱毛器にも光を利用したものがあり、自分で脱毛できる手軽さが人気を集めています。
ニードル脱毛と脱毛器を比較すると、
脱毛効果が高いのは圧倒的にニードル脱毛で、しっかりと永久脱毛をしたいのならニードル脱毛がたいへんおすすめです。

 

家庭用の脱毛器は、それほど出力の高いものが販売できないので、どうしても脱毛効果が劣りますが、
自宅にいながらいつでも手軽に使用できるところと、繰り返して行うことで脱毛効果が高まるといったメリットがあります。

 

費用の点からいうと、一本一本脱毛を行うニードル脱毛は非常に時間がかかり、その分料金も高額になります。
一方、家庭用の脱毛器は、1、2万円の手ごろなものから10万円近くするものなど種類も様々ですが、一度購入すると何度も使えるのでリーズナブルに脱毛することが可能です。

 

ですので、お腹やワキ、脚、腕など広い範囲は自宅でリーズナブルに脱毛を行い、何度も生えてくる頑固なムダ毛や
細かいデザイン性が要求されるまゆ毛や男性のヒゲなど狭い範囲は専門家によるニードル脱毛を行うのが良いでしょう。